虫歯を早期発見するために

虫歯の進行状態によって、治療法や費用が大きく異なります。そのため、早めの治療が肝心となります。虫歯を早期発見するためには、予防歯科について確認しましょう。

注意しよう!虫歯の症状ランキング

レディ
no.1

歯根の虫歯

虫歯によって歯がほとんど残っていないので、最も悪い状態です。そのため、歯根だけが残り、膿が溜まって激しい痛みを起こします。抜歯せざるを得ない状況なので、入れ歯やインプラントの治療も必要になります。

no.2

神経の虫歯

虫歯が神経に達し、痛みを起こします。抜歯まではする必要ありませんが、神経を取る必要があります。症状によって、治療期間や費用は異なりますが、被せ物をしなければなりません。

no.3

象牙質の虫歯

象牙質まで虫歯が進行すると、冷たいもので歯がしみ、痛みが出始めます。この症状で治療を始めれは、5日以内では完治することができます。しかし、詰め物をする必要があります。

no.4

エナメル質の虫歯

エナメル質が溶け始めると、歯の表面が黒くなり始めます。そのため、違和感を感じる人がいますが、基本的には痛みがないので、気づかないことが多いです。この場合なら、詰め物程度で済みます。

no.5

初期の虫歯

エナメル質が溶け始めると、初期の虫歯です。痛みや違和感がないので、気づく人は滅多にいません。しかし、歯医者に行くことなく、正しい歯磨きをすることによって、改善することができます。

歯医者で虫歯を早期発見する方法!予防歯科のメリット

ティース

口内のトラブルを防ぐ

歯医者には、症状が出始めてから通う人が多くいます。しかし、症状が出てからでは遅いので、浜松の予防歯科に通ってみましょう。そうすることで、虫歯や歯周病などの口内トラブルを未然に防ぐことができます。また、健康で強い歯を手に入れることができます。

男性

治療の痛みだけではなく費用も削減

痛みが出始めて歯医者に行くと、治療の際に痛みが生じます。また、悪化すればするほど、費用が高額になってしまうので、注意が必要です。阿佐ヶ谷などの予防歯科で、定期的にメンテナンスをすれば、症状が悪化する前に発見・治療をすることができます。

歯

口内を清潔に保つ

予防歯科に通うことによって、歯や歯ぐきなどを清潔に保つことができます。清潔な口内を保つことは、口の中が爽快になるため、自然とセルフケアの意識が高まります。また、年を取っても、自分の歯を守り続けることができます。

体全体に良い影響

予防歯科に通うことで、健康で綺麗な歯を保てることが分かったと思います。若いうちから、予防をしておくことで、歯は徐々に強くなり、口内だけではなく、体全体に良い影響を与えます。ぜひ予防歯科に通うようにしましょう。

[PR]
上野の歯医者で治療を受ける
安心して通えちゃう!

広告募集中